本文へ移動

部課長奮闘記

続・部課長奮闘  VOL.2

2022-02-18
まだまだ、コロナウイルスが猛威を奮ってますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。大変だと思いますけど、早く収束することを願ってます。
坂井です。。
オミクロン株が増えている為に家族での、お出かけが出来ない状況になってますが、我が家では今佐世保バーガーにはまっていてよく買いに行ってます。しかしこの状況過の中やはり、佐世保市内をうろちょろするのはためらわれるので、なんと、バーガーだけテイクアウトで買い近くの駐車場で食べてそのまま帰る、ということを最近は家族での楽しみにしています。その中でよく行くお店を紹介したいと思います。
お店の名前は『バーガーショップヒカリ』です。佐世保市内の佐世保中央インターの近くにあるお店で私たち夫婦はよくスペシャルバーガーを頼みます、お値段千円までいかず中々
リーズナブルな価格となってます。パティにベーコンとチーズと玉子、お野菜はレタスとトマトに玉ねぎです。塩コショウが程よく効いていてお野菜にはちょっぴり甘めのマヨネーズがついていて本当に美味しいです。ちなみに、子供はチーズバーガーを注文しています。皆様も是非、佐世保方面に行かれた際は立ち寄って見られたらいかかでしょうか。
まだまだ寒い日が続きますが、皆様もお身体には気を付けてお過ごしください。

続部課長奮闘記 vol.1

2022-02-07
皆さんいかがお過ごしでしょうか。
今年も早くも1ヶ月が経ちました。コロナ過の中、皆さんも
大変だと思いますが、頑張って乗り切りましょう。
あっ、申し遅れましたが、今回から皆様に情報をお届けします。リフォーム課工事担当の坂井といいます。
昨年6月から工事担当に配属になりました。まだまだ工事の方は日々、勉強中ですので失敗することもありますけど、これから自分の成長していく姿をお届けできたらいいなと思います。
今回は私の自己紹介をさせて頂きたいと思います。
私は今、44歳でヒラカワに入社して16年になります。
家族は5人家族で子供が2人います。長男は昨年就職し愛知県の方へ長女は今10歳で上と下の子の年の差は10歳はなれています。まだまだ頑張って子育てをしています。
自分で言うのもなんですが性格は温厚で涙もろい所もあります。
次回からは仕事中に起きた、色々事をこのブログに載せていきますので、よろしくお願いいたします。

部課長奮闘記 vol.300

2022-01-17
オミクロンが猛威を振るっています。
この先どうなるのでしょう?
髙口です。
3月には、次女の就職、引越しと控え、私も東京へ行くようにしているのですが、感染者がこうも多くなると行くのも心配になります。
さて、本日、福岡市内の老人ホーム新築現場の、工程会議に参加してきました。現場が遠い事もあり福岡市内の業者に協力を頂き、工事は進んでいます。なんせ協力業者のみんなと仕事するのは初めて、最初はコミュニケーションもぎこちなかったのですが、少しずつ慣れ、ようやく冗談も言えるようになりました。同業者の仲間が増え、この先大事に付き合って行きたいと思っています。
さてさて、話は変わりますが、今回で300回目、これを節目とし、私の部課長奮闘記は最終回としたいと思います。約7年間ありがとうございました。
部課長にして頂き十数年、若手の指導、成長と時折ブログにも書いてきました。人を育てる事の難しさ、改めて痛感しています。
「財を遺すは下、仕事を遺すは中、人を遺すは上なり」
                by後藤新平

部課長奮闘記 vol.299

2022-01-11
新年明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い致します。
髙口です。
お正月はどう過ごされたでしょうか?
コロナ過で昨年会えなかった親兄弟、また親族の方々と過ごされた方も多かったのではないでしょうか。
正月休み、成人の日(ハッピーマンデー)も過ぎ去り、本日より仕事モードへ切替です。
さて、昨年、住器メーカー(タカラスタンダード)よりリフォームコンテストへの応募のお誘いがあり、営業担当の古賀剛君が応募してくれました。
その結果が優秀賞だったとの事で、昨年末、久留米営業所所長が来社され、盾と賞金○○万円を持って来て頂きました。
数年前も、他の担当者が応募し同じく優秀賞を頂いたのですが、今回は前回以上に私的には、嬉しいものがありました。
応募のお誘いがあった後日
「誰かやって見る人いない?」
「シーン・・・」
誰も手を上げる者がいない中、それならと、剛君が応募してくれたのです。
忙しい中、お客様のリフォームされる動機、要望、工事中、工事後の感想、そして工事写真と、指定されたシートにまとめてくれました。
その結果が地区優秀賞、やれば出来ると、今さらながら「さすが!」と見直しました。
次目指すは、全国だ!

部課長奮闘記 vol.298

2021-12-27
クリスマスも過ぎ、ホームセンターには、お正月用品が所狭しと並んでいます。
髙口です。
いよいよ今年も最終週に突入!みなさんは、2021年どんな1年だったでしょうか?
私は、病気せず、健康体で仕事ができ、普通に過ごせた1年でした。この齢になると普通が一番だと実感です。
さて、今年も1年間振り返ってみました。
1月・コロナ過2回目の正月、今年はどんな1年になるのか不安なスタート。
2月・寒波襲来!水道管割、数年前の事が頭をよぎり、天を仰ぐ。
3月・プロ野球今年は無事開幕、選手たち無観客で可哀想、今年は何回応援いけるかな?
4月・我が部署、2021年1番の売上実績、感謝感激!
5月・柳川市水防訓練、コロナ感染拡大で中止、落着き気味も変異株、デルタ株感染拡大中。
6月・義父、施設に入居、子供に手がいらなくなると次は親、世の中よく出来ている。
7月・ヒラカワにも外国人がやってきた。仕事をするも言葉の壁がこうも大きいとは、想定外。
8月・東京オリンピック、開催の是非もあったが、無事開催、多くの感動をもらう。
9月・次女の就職が決まり一安心、親の役目も来春までと、肩をなでおろす。
10月・老人ホーム新築工事、水回り工事を請け合うも現場が福岡市、協力業者が見つからず不安な日々。
11月・コロナ対策で移動していた我が部署、1年半ぶりに本社にもどる。メンバーには不自由かけた。
12月・将来、孫ができた時にと、嫁さんと初めて餅をつく。
振り返れば、あっと言う間、新しい手帳も頂きました。2022年はコロナ終息、仕事は飛躍の年、そして自分自身に期待をしたいと思います。
みなさん、1年間有難うございました。良いお年をお迎えください。
2022年5月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
TOPへ戻る